バイオ分析 - バイオテクノロジーQC

アッセイ法の開発とバリデーションにおける20年超の経験をご利用ください

弊社の優れた研究陣が、貴社のニーズと一般的基準および国際基準に従い、経験に基づいて最適なアッセイ方法の選択をお手伝いします。

特定されたバイオマーカーの定量は、液中でも組織環境でも可能です。

オンコデザインでは、免疫分析、化学分析、分子生物学、マスフローサイトメトリー(CyTOF)、セルソーティングといった古典的技術を、BSL3条件で実施します。弊社は感染性検体を処理できるBSL3設備を複数保有しており、HPLC-MS2等の複合的技術もご利用いただけます。

貴社の新規化合物および新規生物学的物質の分析

医薬品分析方法の開発およびバリデーション:

  • 医薬品分析方法の改良およびバリデーション
  • 医薬品分析方法の移転技術
  • 医薬品の系統的分析

膜蛋白の分析

医薬品の創製および開発には、蛋白発現度と、医薬品の吸収、分布、代謝、排泄、毒性および有効性(ADME-T /有効性)などにおける蛋白の機能的役割の解明が重要です。

オンコデザイン独自のMS2Plex®サービスでは、新薬候補物質のADME-T試験に関係のあるCYP、UGT、ABC、SLCキャリアなどの膜蛋白をGLP環境で定量します。

患者の免疫モニタリング

オンコデザインは、培養細胞における自然免疫反応と獲得免疫反応、さらには新薬候補物質を動物(非ヒト霊長類(NHPs)、マウスその他動物種)、健康被験者および患者に投与した後の自然免疫反応と獲得免疫反応のモニタリングに使用可能な機器とスキルをもっています。


この免疫モニタリングの目的は、ワクチン、アジュバントおよび免疫療法の有効性と安全性を確認することです。

免疫分析

オンコデザインは、貴社の化合物を開発時から日常的分析時まで液中および組織環境で分析する統合サービスを提供します。このサービスは、GLP認証環境で行います。

  • 投与方法の特注開発
  • バイオマーカー量の更新およびバリデーション

  • トランスレーショナルリサーチと前臨床および臨床試験を補助するバイオ分析
  • 貴社の施設または医学検査機関での使用用としてカスタマイズした、即使用可能な投与キットの供給

微生物学的モニタリング

オンコデザインは、臨床試験に参加した被験者と患者から採取した試料を管理します。弊社は中央検査室としての使用が可能であり、弊社のバイオバンク では、貴社の試料に対してさまざまな管理ソリューションを提供します。

弊社のレベル2および3バイオセキュリティラボラトリーでは、貴社の感染性試料(クラス2およびクラス3のヒト病原体、インフルエンザウイルスなど伝染性呼吸器疾患の病原体も含まれます)の微生物学的モニタリングも可能です。

オンコデザインは、そのイノベーティブなバイオ分析サービスと並行して、生体物質分析に関する専門的知見を提供できます。弊社の技術プラットフォームでは蛋白特性分析プロセスの全ての段階をカバーすることが可能であり、最終製品の同一性、純度、含量、生物学的活性およびウイルス/プリオンに関する安全性の保証を目的とした、現行ガイドラインに適合する品質管理試験を実施するためのソリューションを提供します。

詳細についてはぜひお問い合わせください。

By closing this message, you consent to our cookies on this device in accordance with our cookie policy unless you have disabled them.